スタッフ

後藤 隆 (ごとう たかし)

プロフィール

出身地:川崎市
誕生日:9月9日(おとめ座)
特技:バレーボール
最近気になる事:東京オリンピックについて
火曜・金曜担当

後藤 隆の画像

施術家を目指したきっかけは何ですか?

施術家になる以前は、トレーナーとしてトレーニングやリハビリの指導をしていました。 20年ほど前は、まだパーソナルトレーニングが一般的ではありませんでした

かなりパーソナルトレーナーの先駆けだったのですね!?

後藤 隆の画像

(笑)
しかし、様々な競技、選手達のパーソナルトレーニングをおこなってく上で、重い症状の方などに対して、トレーニングのみでは限界を感じ、もっと施術的なアプローチがしたいと考え、日本指圧専門学校であん摩・マッサージ・指圧師の国家資格を取得し、スポーツマッサージとトレーニングの両方をバランスよく組み合わせることで、お客様のより良い体つくりを目指してきました。

現在は施術とトレーニングを組み合わせたトータル的なサポートを希望する方も増えてきていますが?

先駆けかどうかわはわかりませんが(笑)、現代の情報化社会ではやはり施術とトレーニング両方を診てくれる先生への需要があることは私も肌で感じています。

トレーナー歴20年、メディカル(施術)トレーナー歴14の経験をいかして、皆様に満足のいく施術、アドバイスを心掛けています。

どんな気持ちで施術にあたっていますか?

お客様の声・痛みの声を聞きながら施術すること。
「痛みが取れたらOK」ではなく、お客様がお帰りの際、必ず笑顔で帰っていただけるような施術をしたいと心がけています。
そのために皆様が「どのような施術院だったらリラックスできるだろう?」と日々考え、雰囲気作りやお声掛けなどより良いものを追及していこうと思っております。

具体的に今後どのような施術家になりたいですか?

後藤 隆の画像

施術面やトレーニング面と、総合的にカラダを診ることが出来る施術家になりたいです。
施術をすることで、カラダの痛みを改善する。
そして今後痛みが出ないカラダ作りの提案をして、健康なカラダ作りのお手伝いをしたいです

高校卒業後の経歴を聞かせてください

高校卒業後はスポーツトレーナー養成の専門学校を卒業後、フィットネスジムでトレーナーをしながら、スポーツ選手のトレーニングや腰痛でお悩みの方、生活習慣病対策の方のトレーニングやリハビリ指導を行ってきました。
その後フィジカルトレーナーだけでなく、施術的なアプローチも行いたいと思い、日本指圧専門学校で「あん摩・マッサージ・指圧師」の国家資格を取得しました。
10年間大手スポーツクラブ内のマッサージ室にてスポーツマッサージを中心とした施術をおこなってきました。
平成21年に後藤トータル施術院を開業しながらスポーツ選手の帯同トレーナーとして活動しています
縁あって土井治療院の土井先生と出会い、「青葉台鍼灸マッサージルームの中心になって働いてもらえないか?」とお声掛けいただきました。
正直な話、私もかなり時間がなかったのですが、土井先生の熱烈なオファーに負け(笑)青葉台鍼灸マッサージルームにて働こうと決心しました。

【主なトレーナー活動歴】
●千葉県国体チームトレーナー(2004~)
●千葉県フェンシング協会公認トレーナー(2004~)
●日本バレーボール協会トレナーセミナー修了(2005)
●某女子大ゴルフ部フィジカルトレーナー(94年~95年)

●トップアスリートのトレーニングや施術にも多く携わってきました。
プロゴルファー・K1・実業団陸上選手・柔道日本代表選手・ミュージシャンほか、皆さんのトレーニング指導や施術をおこなう過程でいっぱい勉強させていただきました。

一言自分を表現するとどんな人間ですか?

笑うことが好きな人。
私が笑顔でない時は「笑顔はどうしたの!?」と叱ってください!笑
「いつでも笑顔」をお約束します!!

これから来院する方にひとこと

後藤 隆の画像

「最後は笑顔でハイタッチ!」
プロ野球の試合で勝った時にチームみんなでハイタッチをするじゃないですか!
私とお客さんとの関係は一つの「チーム」だと思っています
選手であるお客様が最高のパフォーマンスやいつまでも健康的にスポーツが続けられるメンテナンス、アドバイスができるようになりたいと私は思っています。
お客様が目標を達成した暁には私と一緒にハイタッチして喜んでもらえるような関係を築き上げたいと思っております。

・フルマラソンのタイムをもっと縮めたい方!
・今は痛みで大好きなスポーツをお休みしている方!
・試合に万全の状態で臨みたい方!
・私とハイタッチしたい方!笑

など、どんなことでもご相談下さい
お待ちしてま~す。

永松 裕司 (ながまつ ゆうじ)

プロフィール

出身地:伊勢原市
誕生日:2月4日(みずがめ座)
特技:バレーボール
最近気になる事:全日本バレーボール界のこれから
日曜担当

永松 裕司の画像

施術家を目指したきっかけはなんですか?

永松 裕司の画像

私は高校生までバレーボールをやっていました。将来はスポーツの仕事に関わりたいと思い、高校卒業後はスポーツトレーナーの学校に入学しました。専門学校在学中、バレーボールをしていた頃から悩まされ続けていた腰痛がさらに悪化してしまい、授業中座っているのが辛く勉強に集中できない状態にまでなってしまいました。

当時学校の講師で鍼灸師としてスポーツ業界で活躍されている先生に施術していただき劇的に腰痛が改善しました。その時の経験から「鍼ってすごい!!自分もこの先生のように怪我で悩む選手を治したい!!」と思ったのが鍼灸師を目指した大きなきっかけです。

どんな思いで施術にあたっていますか?

お客様の生活に笑顔が生まれる」このことを第一に考えて施術にあたっています。

そのためには、体の痛みを緩和させるのはもちろんのこと、お客様が抱えている様々な悩みや不安を少しでも解消できればと思って施術にあたっています。

具体的に今後はどんな施術家になりたいですか?

「出会い」を一番大切にし、日々成長する施術家になりたいです。

仲間との出会い、土井治療院の方たちとの出会い、お客さまとの出会い 他にもたくさんありますがたくさんのご縁が結ばれて今の自分が在ると思っています。 これから出会うたくさんの人たちとのご縁を大切にしていきたいと思います。 そして、私と施術を通じて出会ったお客様に「永松先生と出会えてよかった」と言ってもらえるような施術家になりたいとおもっています。

高校卒業後の経歴を聞かせてください。

永松 裕司の画像

高校卒業時までバレーボール部に所属していました。 高校2年生の時に練習中に足首の捻挫をしてしまいました。その時は何の知識もなくただ湿布を貼り腫れが引くのを待っていただけでした。 中々腫れが引かず歩く事すらままならない日が続きましたが、練習も長くは休めず、痛いながらも練習を続けていると更に腰を痛めてしまうという悪循環を繰り返していました。

怪我をする→なかなか治らない→早く復帰しなくてはと焦る→痛いのに無理して練習をする→また他の怪我をする。私が高校時代歩んできた悪循環です。実はこの悪循環に陥ってしまう選手はすごくたくさんいることを知り、ちゃんと身体のケアや予防を学び、私のように怪我で苦しむ選手を少しでも減らしたいと思い高校卒業後はスポーツトレーナーの学校に通いました。

そこではトレーニングの基礎知識やテーピング、スポーツ生理学、スポーツ心理学など様々なトレーナーとしての基礎を学びました。

学校でトレーニングや体のことを勉強する過程で、より医療に近い分野も勉強したいという思いが芽生えてきました。

そんな時にバレーボールをしていた頃から悩まされ続けていた腰痛がさらに悪化してしまい、当時学校の講師で鍼灸師としてスポーツ業界で活躍されている先生に施術していただき劇的に腰痛が改善しました。その時に「これだ!!!!」と感じ専門学校卒業後、続けて湘南医療福祉専門学校の鍼灸科へ入学しました。

鍼灸の専門学校に入学当初はスポーツチームのメディカルトレーナーになりたいと思いながら勉強していましたが、在学中自分の祖母が腰が悪く、外出が難しくなっていく姿をみて外に出たくても出れない高齢者の方の施術をやっていきたいという思いが強くなりました。鍼灸師の資格取得後は在宅施術を主にやっている会社に入社し高齢者の方の施術を行っていました。 何もかも初めてで思うようにいかないことの方が多かったのですが、今ではお客様に家族のように接していただき楽しく施術を行っております。

在宅施術の仕事もとても楽しくおこなっていましたが、私が鍼灸師を目指すきっかけとなった「怪我で苦しむ選手の怪我を治したい!」という信念が捨てきれず、縁あってスポーツ選手の施術をたくさんおこなっている土井治療院で働かせていただくことになりました。

在宅施術の時は一日数名ゆっくりと施術をおこなうスタイルでしたが、土井治療院では、私が入った当月から一日20名以上のお客様を院長と二人で施術しなくてはなりませんでした。

今までの環境とは全く違う環境に初めはミスが多く「私では続けられないのでは・・・」という気持ちも芽生えましたが、「ここで踏ん張って頑張れば必ず成長する!」と毎日自分を鼓舞し、現在まで頑張ってきました。おかげさまで今では一日20名だと「今日は暇だったね」と院長と話せるくらい成長しました。

一言で自分を表すと?

癒し系?と言われることが多いですかね!笑
自分ではそうは思いませんが、院長や熊切先生などに聞いたらそう言われました。

これから来院される方に一言

永松 裕司の画像

さまざまな事がものすごいスピードで忘れられ、失われていく現在ですが 「健康」は何時の時代もなくてはならないものです

皆さまの毎日を笑顔で健康に生活できるよう精一杯サポートさせていただきます。 今ある身体の悩み一度ご相談ください。

網谷 将仁 (あみや まさひと)

プロフィール

出身地:東京都
趣味:読書
資格:はり師 きゅう師 栄養士
水曜・木曜・土曜担当

スタッフの画像

施術家を目指したきっかけは何ですか?

元々、フィットネスネスセンターで運動や食事面のアドバイスなどを通じ、皆様の健康のサポートをさせて頂いてました。
その中で、痛みがあることによって運動が出来ない、身体の不調により日常生活にも支障が出る方などを、目の当たりにし、少しでもやりたいことが出来るようになって頂ける様になりたいと考え、施術家を目指しました。

どんな思いで施術にあたっていますか?

今の状態が少しでも改善され、やりたいことが出来るようになって頂きたいと思い施術に当たってます。
痛みの緩和・改善だけに施術を進めるのではなく、痛みやケガ等を起こりにくい様にやりたいことがやり続けて頂ける様に進めております。

具体的に今後はどのような施術家になりたいですか?

スタッフの画像

こちらの一方通行の施術ではなく、患者様とのコミュニケーションを大切にし、相手の望む状態、やりたいことが出来る、やり続けることが出来るようにサポートできる施術家になりたいと考えております。

高校卒業後の経歴をきかせてください。

高校卒業後、社会体育専門学校に進学し、主に運動を通じて健康に関することについて勉強してきました。
二年次の夏季休暇を利用し、スポーツ医学や栄養学やトレーニング科学等について学んできました。当時、栄養学の授業がとても印象深く、より深く栄養学について学びたいと考え、卒業後、栄養課程の専門学校に進学しました。
卒業後、栄養士免許を取得し、フィットネスセンターで運動や食事のアドバイスなどを行っておりました。実際に現場に立ち続けることにより、運動するにも痛みがあり行えない、病院に行っても原因不明の身体の不調や痛みなど訴える方もいらっしゃいました。そのような方と接している時に「何か出来ることはないか?」と考えた時に東洋医学に辿り着きました。
その後、夜間部の鍼灸専門学校に進学しました。専門学校では三年間、解剖学や生理学、病理学など中心に人体に関する勉強をしてきました。国家試験合格後、鍼灸整骨院で経験を積み、現在土井治療院で勤務させて頂いております。また、院内で行われる院長先生の技術研修時間を多く設けて下さり、常日頃、先生方と共に、技術や知識などを高める日々を送っております。

一言で自分はどんな人間ですか?

冷静と言われることがあります。

これから来院する皆様に一言

何かお困りのことや気になる事、お気軽にお話し下さい。皆様が心身ともに健康に過ごして頂ける様にサポートさせて頂ければと思っております。